消費者金融とサラ金

消費者金融は、かつてはサラ金などと呼ばれ、高金利で貸し付けをして悪質な取り立てを行う金融会社というイメージがありました。

 

しかし、最近の消費者金融は、グレーゾーンの撤廃によって当時にくらべてかなり低い金利が適用になっており、強引な取り立ても法律で規制されてからめっきり影をひそめました。

 

最近の大手消費者金融は、テレビなどで大々的にCMを流してイメージアップをはかっており、初めての方でも安心して借り入れが出来る雰囲気作りに成功しつつあります。

 

そもそも、サラ金時代の消費者金融が悪者扱いされたのはなぜでしょうか?

 

確かに当時は高金利でしたが、グレーゾーンと呼ばれる範囲内での金利設定であり、明確に違法であるという認識はありませんでした。

 

そこが闇金との大きな違いです。

 

闇金は、10日で1割とか3割とか、一切法律を無視した無茶苦茶な金利で貸し付けをします。

 

おそらく、そういった闇金と消費者金融の区別がつかずに、必要以上にサラ金を悪者扱いする風潮があったのかも知れません。

 

また、かつてのサラ金は強引な取り立てが問題となりましたが、それが悪いことであることに異論をはさむ余地はありません。

 

しかし、考えてみれば、お金を借りておいて返済しない方にも問題があるわけです。

 

お金を借りたら、きちんと利息を付けて返済をするという当たり前のことを怠ったために、そこにトラブルが発生する原因があるわけで、一方的に貸した側を悪者扱いする風潮にも問題があると思います。

 

消費者金融の金利が高いのも、そういったお金を借りて返さない人がいるために、その貸し倒れ分を他の真面目に返済している人の利息に上乗せをすることになるからです。

 

担保や保証人をつけて貸し付けをする銀行などの金融機関に対して、無担保保証人不要でお金を貸し付ける消費者金融の金利が高くなってしまうのは、致し方ない一面もあると思います。

NEWS

低金利で借り入れを希望する人に大変人気のあったアットローンですが、現在はプロミスに合併吸収となっています。かつてのアットローン会員は、そのままプロミスの会員として引き継がれ、新たに申し込みをする人は、アットローンの申し込み窓口自体がすでにないために、プロミスにお申込みをすることになります。


引っ越しも結構お金がかかるものです。引っ越し費用を捻出するために、消費者金融などに申し込む人も多いようですが、引越しをするということは住所が変わってしまうために、金融業者の審査も結構厳しいようです。なるべくなら、借り入れをしないで自費で引越しをしたいものですが、学生や単身赴任の方であれば、大手引越し業者のサービスで最近人気になっている、引っ越し単身パックというサービスをおすすめします。非常にリーズナブルに引っ越しが出来ることでしょう。