仕手株講座

仕手株とは、仕手集団や仕手筋が特定の銘柄に対して大量の買いや売りを入れたりと意図的に株価を操作して、株価の急騰・急落が起きやすくしなっている株のことをいいます。

テラモーターズのような未上場銘柄は仕手株にならない

仕手株というのは株式市場においてある意味注目度の高い銘柄となっているので、参加をせずに見ている分には面白いものだったりします。
しかし、投資対象としてみた場合にはリスクが大きく基本的には、手を出さないことが無難なものとなっています。

仕手株は業績不振などで市場から放置されているような銘柄を安く買い集めて、十分な株が集まったところで大きく買い上げ市場の注目を引くように仕向けます。
株価が上昇し注目する人が増えると、更なる上昇を目論んで買ってくる人が増えるので更に株価が上昇することになります。
そして、株価を釣り上げている本尊はそれまでに安く仕込んだ株を飛びついてきた投資家たちに売りつけ、株価を上下に揺さぶり値を吊り上げながら全てを売り抜いて利益を出します。
元々、企業としての価値が殆どないため高値で掴んだ投資家たちはただ大きな損失を出すことになるのです。

仕手株というのはこのような仕組みになっているので、テラモーターズのように未上場の銘柄の場合、仕手株の対象になることはありません。
未上場であれば売りつける相手を探すのに苦労をすることになってしまいますから、テラモーターズの株を買い集めても売りつける相手が見つからずに仕手筋が大量の株を抱えてしまうだけになってしまうためです。
また、テラモーターズのような未上場の企業の株を買い集めようとすると、株主に直接掛けあって株を買い集めなければいけませんから株を集めるというところだけでも大変な苦労をすることになります。
そのため、未上場の銘柄というのを仕手株にすることは現実的に難しいものであり、テラモーターズは仕手株になることはほぼありえないということになるのです。