仕手株講座

仕手株とは、仕手集団や仕手筋が特定の銘柄に対して大量の買いや売りを入れたりと意図的に株価を操作して、株価の急騰・急落が起きやすくしなっている株のことをいいます。

レナウンと群馬銀行では仕手株になりやすいのは

レナウンと群馬銀行ではどちらが仕手株化しやすいかというと、これは圧倒的にレナウンとなります。
そして、実際にレナウンは定期的に仕手株のような動きをしている銘柄であることから、純粋に投資対象として見た場合にはリスクの大きな銘柄となっています。

レナウンは赤字が続いており時価総額も小さく、貸借銘柄であることから空売りもすることができるので仕手株としては非常に操作がしやすい銘柄のひとつといえます。
赤字の企業であることから、ふだんは市場の注目度が小さいので密かに株を買い集めるのは比較的容易であり、次に株価を釣り上げること自体も企業としての規模が小さいのでそれほど難しいものではありません。
空売りをすることができるので、空売りを仕掛けてきた個人投資家たちを踏み上げの材料に使うこともできるため、仕手株として操作をしやすい銘柄となっています。

一方の群馬銀行ですが、こちらは業績が比較的安定をしていて配当などを目当てに保有しているという人も少なくありません。
時価総額もそれなりにあるので、株価の操作も難しく仮に釣り上げようとしてもすでに保有している株主が、業績に対して割高の株価になればすぐに売ってくることになりますから、仕手筋といえどもこれらの売りを消化するというのは容易なことではありません。
株価の釣り上げが十分に行うことができなければ、他の投資家たちも飛びついて来ませんから結局仕手筋が群馬銀行の株を半端に高い値段で掴んでしまうことになるので、仕手株として狙われにくいものとなるのです。

このように仕手株には仕手化しやすい銘柄とそうでない銘柄があるので、それらの特徴を理解しておくとリスクの少ない投資ができます。